FC2ブログ
2013-02-07

書道ガールズ

最近、体験に来た高校生の女の子が、『書道ガールズがカッコ良かったから、やりたいと思って!』と…。で、体験したら、ちょっと違ったんでしょうね…。思っていたのと…。(笑)

かなの条福と言って、縦に長くて、大きく書くのを考案されたのが、私の師のその上の師、安東聖空で、屏風に書くのを考案されたのが、私の師、望月美佐です。

30年近く前に、お正月の『隠し芸大会』で、沢田研二さんに先生がテレビ局に指導に行くのに、私も、ついて行った事がありました。
畳20じょうぐらいのところに、大筆で、大書をする、所謂今の書道ガールズですが…。

テレビで、ビチャビチャになって、「やりました~!」って、泣いている様子を観ると、「?」と思ってしまいます。(・_・;)『書』は、「そういうモノじゃないんだけどなぁ~。」って、…。

技術が伴わない書は、汚いです。『線』が違う。


『気持ち込めました~!』って、気持ち込めるのは、誰でも出来ます。(笑)


書は、そうではないと思いますし、書の面白さは、昨日わからなかった事が、突然判る地味なものだと、私は、思います。それは、学者さんの研究に似てる。


書のパフォーマンスは、ただの運動ではないです。


地道な努力の成果です。


書道の普及にとっては、パフォーマンスは、いいと思いますが…、永年の古典を勉強してからじゃないと、体験に来た高校生みたいに、あら、違う!(・◇・)?って、事になってしまうような気がします。

基本が大事。


書は、『地道な努力』だと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ジュリー!

ジュリー!懐かしいですね。想い出しますよ(*^_^*)確か、黒と赤の屏風仕立てのパネルに、『龍翔』と書いたんでした。練習の成果もあってか、緩急つけて上手く書いてましたね。先生も褒めてましたよ。黒子は大変でしたけどね(-_-;)録画撮りも終ってから、ジュリーから京都の千枚漬けが事務所に贈られてきましたよね( ^^) _旦~~いやぁー、あの千枚漬け美味しかったなぁーヽ(^。^)ノあれから25年過ぎました(+_+)

にゃん太さん、ありがとうございました!

沢田研二さんは、礼儀正しい方ですね!
プロフィール

ogetsu

Author:ogetsu
書を本格的に勉強して30年。凰月(おうげつ)です。
字を美しく書きたい方から本格的に勉強したい方まで、幅広くご指導いたします。

師は故女流書家望月美佐(かなは安東聖空、漢字は広津雲仙)について20年以上学び、武蔵野市に開塾して25年以上になります。子供たちの育成にも力を入れています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ