FC2ブログ
2011-05-26

弧の会!(^_^)v




今日は、日本舞踊公演を見に行きました。
 
弧の会というのは、若手の男性ばっかりのグループで、私の左隣の方が、西川大樹さん。そのおとなりが、若柳吉優人さん、私の左隣が、若柳里次郎さんです。ご一緒に写って下さいました。
 
演目は、『信楽狸』と、新作『毘沙門』でした。
 
皆さん、大変お上手で、素晴らしかったです。
 
それから、この主催は、『神楽坂伝統芸能』実行委員会で、チケットのうしろにに、もしかしたら、望月先生の文字『きもの英』がありました。きもの英は、望月先生がよく文字を着物に書かれていたお店です。
懐かしいです。
 
 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おっ!いけ面に囲まれて…v-290
ご機嫌さんですねv-315
展覧会は今日からでしたか。お当番で忙しいですねv-308 きもの英さんも頑張ってますね。お近くでしたらお立ち寄りください。今は娘さんがやっておられますよv-430梅雨入りしましたv-292

きもの英の題字は望月先生が書かれたものです。

やっぱり![e:451]

そうだったんですね。先生を思い出して、感動しました。

ありがとうございました。生徒さんに伝えます。

最初に見たとき、きもれ???e-451新語か?と思いましたハズカシイ(-_-;)
ここで変体仮名を使うとは…発想が凄い。
またこの字体を選んだ英の店主もアッパレです。末永く繁盛しますことを祈ります。

『きもれ』爆笑!たしかに、『れ』が変体仮名の使用。先生流石ですね!見習いたいところです。
『き』のはねから見て、縦書きを横に使用したものだと、思います。



プロフィール

ogetsu

Author:ogetsu
書を本格的に勉強して30年。凰月(おうげつ)です。
字を美しく書きたい方から本格的に勉強したい方まで、幅広くご指導いたします。

師は故女流書家望月美佐(かなは安東聖空、漢字は広津雲仙)について20年以上学び、武蔵野市に開塾して25年以上になります。子供たちの育成にも力を入れています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ